H2 水素シリーズ
for Professional / Home care

ペット用水素発生入浴料
ファーコートトリートメント
Hydrogen Pet

ご使用方法

使用量目安/小型犬(2~5kg)の場合

ペット用バスタブ1回分のお湯に10g(キャップ約半分を目安として)を入れ、よくかきまぜてご使用ください。シャンプー後のトリートメントとしてご使用ください。
ファーコートトリートメントだけの使用でも可能です。
洗い流す必要はありません。

効果イメージ

全身の皮膚を通してまんべんなく水素を摂取でき、浴槽内で発生した水素は浴室内に拡散し、口や鼻からの呼吸でも摂取することができます。

ペットも人間と同じで、病気・疾患の原因は「活性酸素」

  • 飼主の喫煙による副流煙の吸引
  • ストレス
  • ペットフードの添加物
  • 運動不足

動物も老化により「活性酸素」が増加傾向

ペットの健康管理、アンチエイジングができないかな?
活性酸素を胎児するには…?!

水素には身体をサビつかせる「悪玉活性酸素」を退治する”抗酸化力”があります。

「悪玉活性酸素」には直ちに反応

水素の大きさは細胞内にあるミトコンドリアの1万分の1ほどの小ささで、身体中どこでもフリーパス。 脳や卵子などの異物を受け入れない部位でもズンズン入り込んでいけるのです。 水素は“摂りすぎる”ということはありません。細胞よりも小さく、素早く拡散する水素は、皮膚を通り抜けて体外へ。 身体に悪玉活性酸素がなければ、体外へ抜けてしまうため、副作用の心配もありません。

そんな注目の水素を使用したペット用水素バスパウダー(入浴料)発売中!!

水素治療ドクター監修

ハイドロジェンペット
ファーコートトリートメント

容量200g(小型犬の場合 約20回分)

Hydrogen PET

  • ペットの湯量に合わせて使用できるボトル入り
  • 水素の殺菌作用で肉球も清潔に
  • シャンプーを嫌がる場合でも簡単に毛並み・毛艶がUP

よくある質問

Q. どれくらいの頻度で使えばいいの?
ペットそれぞれの性格、性質、お風呂の好き嫌いなどがありますので、ペットにストレスがかからない程度に飼主様のご判断で入浴させて下さい。
水素自体は取り入れすぎて害になることはありません。 水素によって健康上の問題には影響しませんので、水素浴自体は毎日されても問題はありません。
Q. 効果的な入り方は?
個体差はありますが、目安としてお湯の中に7分以上浸かっていられると水素が体のすみずみまで行き渡り効果的に取り込めます。ぬるめのお湯に足だけでも7分間つけていられると望ましいですが、ペットの様子を見ながらできる範囲でおこなってください。
また、疲れている様子の時、汚れがひどい時などは、パウダーの量を増やしてご使用下さい。水素の力で代謝もアップしますので、ペットがのぼせてしまわないように飼主様の責任のもとペットの様子をよく観察しながらご使用下さい。
Q. 舐めたり飲んでしまっても大丈夫?
基本的には問題ございませんが、大量に飲むのはおやめ下さい。
Q. 顔や耳はどのようにケアしたらいいの?
パウダーを溶かしたお湯をタオルやスポンジに含ませて複数回拭いて頂くだけでも効果的です。
Q. どうして汚れやニオイが落ちるの?
水素は宇宙で一番小さい分子の為、他の物質では入り込めない部位にもくまなく届きます。
お湯の中では目に見えない水素のナノバブルが大量に発生している状態なので、細かいナノバブルがペットの毛の奥の奥まで入り込みます。 水素の効果とナノバブルの効果によって、シャンプーだけでは落ちにくいしつこい皮脂汚れやニオイの元を取り除きます。
Q. ペットのおしっこの回数が増えましたが大丈夫?
体内の活性酸素が水素と反応すると水となり、尿となって排出されます。
Q. フェレットやウサギにも使用できますか?
普段からお風呂に慣れているペットであれば問題ございません。 お湯に慣れていないペットの場合は、飼主様の責任下で十分注意しながらご使用下さい。 水素自体はペットに悪影響になることはございません。
全成分 硫酸Na、クエン酸、水素化Mg、加水分解ヒアルロン酸、アスコルビルリン酸Na、
加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン、シリカ
製造国 日本

メールでのお問い合わせ

0120-858-386

自慢の愛するペット写真が大集合!

ペットたちの可愛らしい姿や、癒しの一枚。偶然撮れた決定的瞬間など、愛するペットの写真を大募集中です。ぜひご応募ください。


  • あず

  • みみちゃん

  • きな&くろ

  • ボス

  • そら

  • みるく

  • アトム

  • 美空

  • める

代理店募集

弊社製品販売代理店様を募集しております。
詳細はお電話またはフォームよりお問い合わせください。

▲ページトップに戻る